Life of Brepanian child
<< イケメン論議 (Thoughts on good looking men) main 郷 (Home) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- - -
誓いの言葉 (Broken vow of love)
2006年8月12日に私はあることを誓ったはずだったんだけど
その誓いは約2年半で破棄してしまうことになった。

誓った時は本当の本当に本気だったのに
いつからか何かがずれてっていたんだな。

そこは場所がイタリアのローマだったから
誓いますかってイタリア語で聞かれて
私はSi.(はい。)って答えた。

相手の人は
誓いますかって聞かれて
Certo.(もちろん、当たり前だよ。)
って答えてた。

もう昔のことだけど
あの人はそういう風に思ってくれてたんだなぁと
さっきテレビでやっていたウェディング特集みたいなのを見てて
ふと思い出した。


離れる時の辛さはとても似ているけれど
愛着と愛情は似て非なるものだから間違えたくなかった。
一緒にいて二人とも不幸せより
一緒じゃなくっても二人が幸せなほうが良いと思った。


誓いを破るのって
約束を守れなかったみたいで
なんとなく自分ってダメ人間なのかなぁって
考えてしまうことがしばらくあった。
でもあの誓いは二人が幸せになるために結ばれたものだったはず。
だから、逆に、例えあの誓いが破れたって
二人とも幸せになる道があればそれでいいんだと思うことにした。


早く彼が過去を解き放っていい人を見つけて幸せになってくれるといいな
なんて、彼に言わせればすごく都合のいいことを思っている。

相変わらず、自分ってなんて自己中なんだろうと真夜中に自己嫌悪。



昔のこと Histoire comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト



- - -
comment
しばこ | 2009/06/29 11:26 PM
あら、コメントを書いたつもりが消えてました。

前へ進むために過去を反省するのはいいことだと思うけど
自分を責めすぎないでね。
きっと仕方がなかったんだと思うよ。

vodka | 2009/07/12 5:22 PM
コメント、ありがとうございます。
元相方は未だに苦しんでいるようで
それが容易に想像できるのがちょっと辛いだけなんです。
自分はずるい人なのであんまり考えないようにしているのですが
たまにふとしたきっかけで思い出してしまったり。




この記事のトラックバックURL
http://brepanian.jugem.jp/trackback/90
trackback
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode
Sponsored Links